睡眠不足はニキビの原因になる。睡眠時間を確保しよう!

睡眠不足はニキビの原因になる。夜はぐっすり眠ろう!

不十分な睡眠不足が、お肌に悪影響を与えるということはなんとなくイメージできるという方も多いと思います。

ですが、その理由について理解しているという方は逆に少ないのではないでしょうか。

どうして睡眠不足がニキビを作ってしまうのか、しっかりと知識を持っていれば防ぐことができるはず。

睡眠不足とニキビの関連性について、正しい情報を紹介します。

 

睡眠不足とニキビの関係

睡眠不足で肌荒れになったことがあるという方、たくさんいらっしゃることでしょう。

ですが、1日2日の睡眠不足であれば、またその後しっかりと睡眠をとれば治るケースがほとんどです。つまり、それは単なる肌荒れです。

私がお伝えしたいのは、慢性的な睡眠不足によるニキビのことです。

なぜ毎日睡眠不足の方は、ニキビができやすいのでしょうか。

多くの方がその関連性を知りたいと思うのではないかと考えます。

実は、ダメージを受けたお肌を再生させる一番の方法は、睡眠です。

睡眠のリズムが乱れてしまうことで、お肌をケアするための力がぐっと低下するというのです。

さらに、睡眠不足は知らない間に体にストレスとして蓄積されていき、自律神経にも影響を与えることが分かっています。

ストレスは男性ホルモンを大量に分泌しますから、皮脂の分泌が過剰になり、その結果ニキビができやすいお肌になってしまうのだそう。

 

ニキビを改善させる眠り

それではこれからニキビを改善させる睡眠方法について紹介します。

1.お肌のターンオーバーが活性化する時間帯は必ず寝ておく

睡眠中にお肌のケアが始まるということは、上記でご紹介しました。

よく「ゴールデンタイムに就寝しておけばお肌に良い」と言われているのもそれが理由です。

ちなみに睡眠時間のゴールデンタイムとは、22時から翌2時までの4時間を指します。

この時間帯は、お肌の再生が最も活発化しますので、日頃忙しい方でもなるべく意識してみてください。

 

2.ノンレム睡眠

人間の睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠というものがあることを知っていますか?

新しいお肌が作られるための新陳代謝が、一番活発になる睡眠は、ノンレム睡眠です。

入眠してからだいたい、3時間から4時間がノンレム睡眠となり、成長ホルモンが活発化します。

眠っているのに疲れが取れない、熟睡できないという方はこのノンレム睡眠ではない可能性があるようです。

寝るためにお酒を飲む人はやめて、お部屋のカーテンを閉め、さらに寝る前のスマホは消してぐっすり眠る準備をしましょう。

寝る前に一杯のホットミルクを飲む、バナナを食べるというのもおすすめです。

 

まとめ

質の良い睡眠、ノンレム睡眠こそがニキビを予防する効果的な睡眠方法です。

なるべく睡眠不足にならない規則正しい生活を心がけてみてください。

中々治らない大人ニキビの原因と正しい治し方(対策方法)

2016.03.05

中学生・高校生の時にできる思春期ニキビの原因と治し方

2016.03.05


中々治らない背中ニキビやニキビ跡・黒ずみにはこれ!

ルフィーナは中々治らない背中ニキビやニキビ跡・黒ずみに効果的なクリームです。今月末まで初回72%OFFの2,689円で購入することができます。肌に優しい成分しか入っていないので、背中だけでなく二の腕やデコルテ、顔など体全体に使うことができます。これから夏に向けて、しっかりとニキビやニキビ跡・黒ずみを治したい人におすすめのクリームです。