ニキビ対策

【必見】妊娠中にニキビができる原因と治し方(対策方法)

妊娠するということは、新しい生命が誕生するということで、とても喜ばしいことです。

しかし、体に変化が現れてくるので、ニキビなど体に不調が出てきます。

そこで今回は、妊娠中にニキビができる原因と治し方(対策方法)を紹介したいと思います。

 

妊娠中にニキビができる原因1.女性ホルモンバランスの乱れ

妊娠中にニキビができる原因に女性ホルモンなどもあげられるでしょう。

妊娠すると体の中がどんどん変化しますが、女性ホルモンもそのうちの1つです。

これまでと違った分泌量となりますのでバランスが崩れ、それにより皮脂分泌が活発になってしまいます。

そうすると毛穴がつまったりするためニキビの原因にもなってしまうでしょう。

 

妊娠中にニキビができる原因2.つわり

妊娠中はつわりが起こりますので、それが原因になっている場合もあるでしょう。

かなり個人差はありますが、味覚に変化がある人や特定のものしか食べられないという場合もあります。

そうなるとどうしても栄養が偏ってしまいますのでお肌にもよくないでしょう。

妊娠中は仕方がない場合もありますが、栄養面では少し気を付けたほうがいいかもしれません。

 

妊娠中にニキビができる原因3.便秘

ニキビの原因に便秘なども考えられます。

妊娠するとお腹が圧迫されるという事もありますが、水分などが不足することが多く便秘になる人もいます。

便秘になると老廃物が体の中にとどまってしまうためお肌にもよくないでしょう。

肌は外からだけでなく体の中からも影響を受けやすいため便秘はできるだけしないようにしましょう。

 

妊娠中にニキビができたときの治し方(対策方法)1.皮膚科に行く

外からの働きかけとして皮膚科で薬をもらうという方法もあります。

人によってはたくさんできてしまう事もありますし、ばい菌が入ってしまうと後で大変です。

できるだけ早めに抑えておいた方がいいでしょう。

また妊婦の場合は使用する薬など心配な人も多いと思いますのでお腹の赤ちゃんに影響のないものを使うようにしましょう。

 

妊娠中にニキビができたときの治し方(対策方法)2.水分を摂る

便秘が原因の場合はできるだけ水分をとるようにしましょう。

また食生活も少し見直し、食物繊維などを積極的にとるようにします。

少し時間はかかるかもしれませんが、体の中から改善しないといけない場合もあります。

ただ普段から気を付けておけば便秘だけでなく健康維持にも役立ちます。

結果としてニキビもなくなりますし、体調管理にもなるでしょう。

 

妊娠中にニキビができたときの治し方(対策方法)3.肌に優しい化粧品や石鹸を使う

妊娠中はどうしてもお腹が大きくなるため背中に手が届かに場合も多いでしょう。

ニキビを解消するためには日ごろから清潔な状態を保つ必要がありますが、それが難しい場合もあります。

背中を洗う時だけ誰かに手伝ってもらうという方法もあります。

市販で売っている刺激の強いものではなく、少し高くても通販で売っている肌に優しい化粧品や石鹸を使うようにしましょう!