ニキビ対策

ニキビができたときに食べても良いチョコレートがあった!

チョコレートを食べるとニキビができる、多くの方が一度は聞いたことのある情報だと思います。

確かにチョコレートを食べた翌日に、お肌に小さなニキビができるという方、いらっしゃるのではないでしょうか。

やはり、チョコレートはニキビを作ってしまう悪しき食べ物なのでしょうか?

チョコレートが好きという方も多いと思うので、真実か嘘か、しっかりと調べてみました。

 

チョコレートとニキビの関係

まず知っておいていただきたいのは、チョコレートの原料であるカカオ自体には、甘さがまったくないということです。

苦みがメインの食材となっており、そのままではとても食べられるものではありません。

チョコレートとしておいしく食べることができるように、糖質と脂質を大量に使用しています。ここでピンときた方もいらっしゃるはず。
そう、チョコレートに含まれている多量の糖質脂質が、ニキビを招く原因なのです。

ちなみに糖質と脂質がニキビを作りやすくしてしまう原因として、

 

1.皮脂の過剰な分泌を促進する

糖質と脂質は、お肌の中にある皮脂線(皮脂を作りだす働きがある)を刺激します。

そうなると皮脂がどんどん分泌され、毛穴が皮脂で容量オーバーになってしまうと、毛穴がふさがってしまうのです。

その結果、アクネ菌が増殖し、ニキビができてしまうという流れになります。

 

2.コレステロール値の上昇

コレステロールという言葉を聞いたことがある方も多いと思うのですが、肥満のもととなる悪玉コレステロールは、糖質や脂質によって生成されます。

コレステロール値が上昇すると、血行の流れが悪くなり、新陳代謝も鈍化してしまいます。

そうなると、お肌が生まれ変わるターンオーバーの周期が遅くなり、古い角質が新しいものに変わりません。

ニキビにターンオーバーは非常に効果的であるにもかかわらず、それがスムーズに行われないのです。

 

ニキビができにくいチョコレートとは

food13

できるだけカカオの割合が高く、なおかつ糖質と脂質が低いものを選ぶとよいでしょう。

具体的な商品例として、カカオの成分が70%以上のものが良いとされています。

正直苦みが強いので、単品で食べると最初は驚いてしまうかもしれませんが、慣れればおいしくいただけるはず。

 

まとめ

チョコレートがニキビの直接的な原因になっているのではなく、選ぶチョコレートによってはニキビができにくいものもあるということがわかりました。

たまの贅沢として食べたくなるチョコレートも、その種類を見極めてみることが大切です。