中学生・高校生の時にできる思春期ニキビの原因と治し方

10代の中学生・高校生の時にできる思春期ニキビの原因と治し方(対策)

ニキビの出来やすい時期というのは、思春期が代表的です。

10代になり、中学生くらいになるとニキビに悩んでいる男の子、女の子も大勢います。そして遅い人ならば、高校生辺りまで思春期ニキビに悩まされる人もいるでしょう。

思春期ニキビができてしまうと、辛くて学校に行きたくなかったり、人と会うのが億劫になってしまいますよね。

しかし、なぜ思春期にニキビができやすくなるのでしょうか?それにはちゃんとした訳があります。

そして思春期ニキビの治し方(対策方法)もありますので、思春期ニキビに悩んでいる人がいたら見てください。

また、思春期のお子さんを持ち、ニキビに悩んでいるようでしたらアドバイスしてあげてください。

それでは、10代の中学生・高校生に出来る思春期ニキビの原因と対策方法(治し方)を紹介していきます。

 

10代の中学生・高校生の時にできる思春期ニキビの原因

woman49

それではまず初めに、10代の中学生・高校生に出来る思春期ニキビができる原因を紹介します。

1.ホルモンバランスの乱れ

woman53

10代の中学生・高校生に出来る思春期ニキビの原因としては、ホルモンが大きく関係しています。

思春期というのは、成長する時期になりますので、体を大きくする、筋肉を大きくするために男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

男性ホルモンは体の成長を促す作用もありますが、皮脂を多く分泌する効果もあります。

なので思春期の頃は、女性でも男性ホルモンが多くなりますので、ニキビができやすくなります。

 

2.ストレス

/

また多感な時期なので、ストレスも多く掛かることも思春期ニキビの原因になることもあります。

ストレスが多く掛かると、ホルモンバランスも乱れていき、皮脂も多く分泌されるようになります。

これが、10代の中学生・高校生に出来る思春期ニキビの原因になります。

 

 

10代の中学生・高校生の為の思春期ニキビの治し方

woman60

10代の中学生・高校生に出来る思春期ニキビは、誰にでもなる可能性があります。ニキビができない人などはいないので、「できにくくする」ということが対策方法(治し方)になります。

1.洗顔回数は1日2回までにしよう

woman130

思春期ニキビができると、学校の友達に見られないように、早く治したい!と思い、洗顔の回数がとても増えてしまうことがあります。

しかし、洗顔の回数を増やすと皮脂を取ることができますが、必要な皮脂も取り除きすぎて、ニキビを悪化させてしまうことが多いです。

なので、適切な洗顔回数を心がけましょう。洗顔は、1日2回行えば十分です。それ以上洗顔するのは控えましょう。

 

2.夜はゆっくり眠ろう

woman37

スマホでSNSのLINEやゲームをして遅くまで起きていませんか?眠ることで皮膚や体は再生しているのです。眠らなければ、肌の皮膚は再生されずに、ニキビが悪化する原因となります。

人にもよりますが、7時間は睡眠時間を確保したいところです。難しければ、最低でも6時間は眠ってください。

夜はスマホやテレビを遅くまでやらずに、早めに就寝することを心がけましょう。

 

3.ストレスを溜めない

girl2

またニキビのことをストレスに感じすぎないようにしましょう。中学生・高校生の時は、進学や人間関係、家族との関係などでストレスが溜まりやすい時期でもあります。

家族や友人などに悩みを相談することでも、ストレスの解消に繋がります。言いづらければ、SNSで相談してみるのも一つの手です。

大切なのは、一人で抱え込まないことです。

今はとても辛い状況だとは思いますが、ニキビはすぐに治るものではないので、焦らずにゆっくりと解消していきましょう。

 

4.思春期ニキビ対策用の洗顔料を使おう

woman96
洗顔料は、大人が使うものではなく、思春期ニキビ対策用の洗顔料を使う様にしましょう。市販の安価なものは、保湿成分が少なく、洗浄力が強いので、逆にニキビを悪化させてしまう恐れがあります。

市販の洗顔料は、肌が強い人用に作られているため、ニキビができやすい人用には作られていないのです。その為インターネットの通販で購入するのがおすすめです。

 

まとめ

思春期ニキビは、成長ホルモンが活発に動いているだけなので、正しい方法で対策を行えば、治る可能性が十分にあります!そのために、しっかりと対策をしていきましょう!

10代男女の子供ニキビに本当に効くおすすめ洗顔料ランキング

2016.03.17