中々消えない辛いニキビ跡の原因と正しく消す方法!

「ニキビ跡が中々消えなくて辛い」そう思っている女性は多いと思います。男性だってそうです。

ニキビ跡が本当に嫌で、コンプレックスだと感じてしまうことでしょう。

一般的にはニキビ跡は中々消えないと言われています。そんなこともあって治療をあきらめていませんか?

しかし、時間をかけて、正しい対策を行えば、ニキビ跡を改善することは可能です。

正しい知識を身につけて、ぜひ実践してみてください。

今回は、ニキビ跡の種類と原因、ニキビ跡を正しく消す方法(対策)について説明しています。

 

中々消えない辛いニキビ跡の種類と原因

woman25

中々消えない辛いニキビ跡は、大きく分けて3つになります。

1.赤みが残ってしまっているニキビ跡

赤ニキビが治ったかと思いきや、ふくらみがなくなっただけで、赤い色がそのままお肌に残ってしまっている状態です。

原因としては、ニキビが炎症を起こしたときに毛穴の周りでうっ血(静脈に血が多くたまった状態)が起きて赤みがでるためです。

 

2.紫色、茶色のしみがあるニキビ跡

こちらは赤色ではなく紫色や茶色といった色のニキビ跡です。原因は色素沈着です。

・紫色:ニキビが炎症を起こしたときに、毛穴の周りで毛細血管が破裂し、皮膚下で出血したことが挙げられます。
・茶色:シミの一種です。ニキビが発生したことで、メラミン(しみの元)が、大量発生したことが原因となっています。

 

3.クレータータイプのニキビ跡

”ニキビ跡”で思い浮かべる方も多いのが、この凸凹状のクレータータイプではないでしょうか。

クレーターニキビに関しては、ニキビが悪化している状態(赤ニキビ)がさらに進行し、強い炎症を伴って皮膚組織まで破壊してしまうことが原因です。

破壊されてしまった皮膚組織は、残念ながら回復することがありません。皮膚が硬い人ほど、クレーターニキビができやすいと言われています。

 

それぞれのタイプ別のニキビ跡を消す方法(対策)

それでは次に、それぞれのタイプ別のニキビ跡を消す方法(対策)を紹介します。

1.赤みが残ってしまっているニキビ跡を消す方法(対策)

赤みのニキビ跡に関しては、セルフケアでも大きな効果が期待できます。

食生活や生活習慣の改善、正しい洗顔、ニキビ跡専用の化粧品を使うなどで、ニキビ跡を解消することができます。

 

2.紫色、茶色のしみがあるニキビ跡を消す方法(対策)

色素沈着タイプのニキビ跡も、セルフケアで改善が見込めます。

紫色のしみの場合は「赤みが残ってしまっている」とほぼ同じケア方法で大丈夫です。

赤みのニキビ跡と同様に、なるべくお肌への刺激や負担が少ない、化粧品を選ぶと良いでしょう。

 

3.クレータータイプのニキビ跡を消す方法(対策)

クレーターニキビの場合は、セルフケアで改善するには非常に難しいのが実情です。

そのため、より確実な効果を得たいという方は、美容皮膚科での治療が一番の近道です。

治療費がかかってしまいますが、目立たなくなる効果は一番大きいですから、どうしても気になるという方は検討してみてもよいかもしれません。

医師があなたにピッタリの治療法を見つけてくれるでしょう。

 

まとめ

中々消えない辛いニキビ跡も、症状によってはセルフケアで緩和することができます。

これらの対策を行うことで、中々消えない辛いニキビ跡も目立たないレベルにまで改善することができます。

皮膚科に行く前に、上記のことを試されてみることをおすすめします。

【最新版】ニキビ跡に効く人気の化粧水・化粧品おすすめランキング

2016.03.30


中々治らない背中ニキビやニキビ跡・黒ずみにはこれ!

ルフィーナは中々治らない背中ニキビやニキビ跡・黒ずみに効果的なクリームです。今月末まで初回72%OFFの2,689円で購入することができます。肌に優しい成分しか入っていないので、背中だけでなく二の腕やデコルテ、顔など体全体に使うことができます。これから夏に向けて、しっかりとニキビやニキビ跡・黒ずみを治したい人におすすめのクリームです。